HOME>info>行事が盛り上がる!オリジナル半纏の魅力

コストとオリジナリティどっちを重視する?

行事を盛り上げるのに、おそろいの半纏や法被は欠かせませんよね。半纏を購入するときは、オーダーにするか既製品を購入するかのどちらかと思います。コスト面なども考えて、この二つを徹底比較してみました。

オリジナル半纏と既製品の半纏を比較

オリジナル半纏

ネットで業者依頼を行い、オリジナルの半纏をつくってもらうのがこの方法。デザインや生地、フルオーダーかセミオーダーかによっても料金は変わってきます。世界に一つしかないデザインの半纏で行事が盛り上がること間違いなしです。

既製品の半纏

背中部分に「祭」と大きく書かれたものが一般的。他にも無地の半纏やシンプルな柄入りのものもあります。オリジナリティはあまりないのですが、コストを抑えたい!というのであれば既製品購入がおすすめです。

今はどこでも売っている

半被

半纏は羽織にその形が似ていますが、脇にまちはなく、丈の羽織よりも短くなっています。胸のひももなく襟も折り返さずに着る上着のことを言います。法被と同じものだと考えている人もいますが、法被は武家社会の中で始まって江戸時代には火消しなどのユニフォームといった用途がありましたが、半纏は庶民の日常着として広まったものだと言われています。着物のような形なので、呉服屋さんで買うといったイメージも昔はあったようですが、最近はスーパーなどあちこちに冬に着るものとして販売されています。欲しいときは身近なところに売っているお店が必ずあるといっても差し支えないでしょう。

薄いほうが動ける

お祭り

冬の寒い時期に必要な半纏の姿はどちらかというと洋装とは言えず、むしろ着物に近い恰好に見えます。最近はおしゃれな柄のものも見かけるようになりましたが、それでも着物のような柄が一般的です。買うときにはまずその柄はいろいろなところで見たほうがいいかもしれません。色も柄も同じように見えて案外違っていたということもあるからです。次に中綿の量に違いがあることもあるので、それぞれの厚さは確かめたほうがいいでしょう。厚めなものよりも少し薄手のほうが動きやすいこともあるので、特に主婦の方は薄手を選んだほうが家事もはかどるでしょう。

大きさは気にしなくていい

お祭り

広めの袖に腕を通すだけで気軽に着用できる半纏は、寒い冬には家の中での防寒着的な役割を果たしています。多少かさばりますが部屋着としてなら重宝します。半纏のサイズの大人用と子ども用の違いはあきらかですが、サイズはあってないようなものです。そのため体型をあまり気にせずに着られるので、購入時にサイズにこだわる必要はありません。

広告募集中