HOME>人気記事>【思い出作りにピッタリ】きものレンタルマニュアル

着物で観光しよう

友人や恋人との楽しい旅行、ぜひきものレンタルをして特別な思い出を彩りませんか。着物で街を散策するときには、着物に合った履物を履きますよね。草履と下駄、この二つに違いってご存知でしょうか?まずは、草履と下駄の特徴を比較していきましょう。

草履と下駄の違いについて

草履

草履は革や布、ビニールなどを材質としています。着物を着るときは草履でも下駄でもどちらでもよいのですが、フォーマルな場所へ行くときは草履を履くのが一般的のようです。

下駄

木を材質としているものが、下駄です。歩くときにカランコロンと音が鳴るのが魅力的です。下駄は、お祭りや花火大会などで浴衣を着ている時に履くのが一般的のようです。

着たい人は多い

女性

今は着物を着る機会が多いとはいえませんが、着たことがない人は1度でも、しばらくご無沙汰だった人はたまには着たいという人が多いようです。きものレンタルを利用すれば、1度も着物に袖を通したことがない人でも着てみることは難しいことではありません。一方で、着物は持っているけれどしばらく着ていないという人の中には、着物を再開するきっかけとしてレンタルを利用して久しぶりに着る機会を得たと喜んでいる人もいます。きものレンタルは、着物はもちろんのこと、それに必要な帯やその他の小物類、そしてヘアメイクまでセットとなっているので、予約をした日にただ行くだけで済みます。それでもなかなか決心がつかないという人は夏のお祭りなどイベントに行く機会のおしゃれとしてきものレンタルに挑戦してみるのもいいかもしれません。

簡単に決められる

きものレンタルはほとんどのお店がサイトを運営しているので、サイト内からの申し込みが便利です。着物一式や小物類などと利用の日にちを決めれば予約は終了です。利用する季節や出かける場所などそれぞれのニーズによって、サイト内では好みの着物を選べるようになっています。選んだ着物に応じてそれに合う帯や帯締めなども決めることができます。

まとめたほうがいい

きものレンタルではセット料金を設定してそれをお勧めしていることが多く、そのほうが経済的にもお得です。基本的に着物と帯や帯締めなど必要な小物類やバッグや下駄などすべて揃っています。また、髪型も着物に合ったスタイルにしてもらえるため、自分で何かする必要がありません。着物だけを借りて着付けだけをしてもらうよりも、全部含まれているほうが利用するのも気軽だといえそうです。

広告募集中